お散歩コースの「槻の池」から眺める雪山です(11月25日)

ニュース&トピックス 2017.11.25

  • 高原では 唐松の黄葉=八ヶ岳イエロー もすっかり終わり、標高の低い里山エリアで黄葉が見ごろを過ぎたころです。八ヶ岳の山々も既に何度か冠雪し、本日は写真の通り。山頂付近は雪雲に覆われ、始終弱い雪に見舞われている模様です。レジーナリゾート蓼科も標高1250mに位置するため、天気はいわゆる「山のお天気」。夜を中心に、時折はらはらと雪が舞う日々です。

    写真の池は、レジーナにお泊りの皆様にご案内しております、お散歩コースの途中にある池。「槻の池(つきのいけ)」という、槻木(つきのき)集落の灌漑用に造られた池です。よく見ると写真にも一人写っていますが、ここは有料で釣りも楽しめる場所。土曜日の今日は多くの釣り人が糸を垂らしていました・・・それもそのはず、今年度の釣りの営業が明日11月26日で終了となるため。釣り人がいなくなった池は徐々に凍り、春までの間、氷の上に雪を被って白い広場が現れます。

    池の向こうは「鹿島南蓼科ゴルフコース」。秋が深まっても緑の美しい「西洋芝」のコースです。銀色のシートが見えますが、これは養生中の芝を霜から守るためのものです。

    すっかり葉を落とした唐松の森の上に見える雪山は、八ヶ岳でも北部にあたる北八ヶ岳(通称:北八ツ)。天狗岳や根石岳が見えています。ここには映っていませんが、左の方には姿美しい雪を被った真っ白な蓼科山が望めます。

    レジーナの玄関から出てゆっくり歩くお散歩道の途中でも、このような高原ならではの景色がお楽しみいただけます。皆さまのお越しをお待ち申し上げております。

    フロント 芳澤

     

空室検索

お電話でのお問い合わせはTEL:0267-41-1411(電話受付時間10:00~18:00)

  • 予約確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録

Page Top